AOSmobile.com

パソコン インターネットを子どもが安全に使うためにできること

子どもを囲むネット上のトラブル

青少年のインターネット利用環境実態調査

ネット上で子どもたちが様々な問題に巻き込まれていることがわかる、
内閣府の調査結果があります。
(平成23年度「青少年のインターネット利用環境実態調査」 )

● ネットいじめ

「悪口やいやがらせのメール送られたり、書き込みをされた」

● 有害サイト

「親に話しにくい変なサイトを見たことがある」

● 金銭トラブル

「サイトにアクセスしてお金を請求され困ったことがある」

● 個人情報を漏洩

「プロフなどに自分や他人の情報を書き込んだことがある」

● ネットで知り合った人との接触

「プロフやゲームサイトで知り合った人とやりとりしたことがある」
 「プロフやゲームサイトで知り合った人と会ったことがある」

● 勉強への悪影響

「インターネットにのめりこんで勉強に集中できないことがある」

● 生活の乱れ

「夜遅くまでインターネットにのめりこんで睡眠不足になることがある」

社会的な経験が少ない子どもたちは、ネット上の情報の真偽を判断したり、悪意をもつ人物と接触しても善悪を見分けることが困難です。
そのような子どもたちを守るためには、ご両親に求められる役割が非常に大きくなります。

【保護者の責務: 青少年ネット環境整備法】

2009年の4月1日には、インターネットを利用できる環境の整備に関する法律「青少年ネット環境整備法」が施行され、保護者の方が子どもにパソコンやネットを使わせる場合、 まず、ネットには多様な危険があると認識したうえで、

◆ フィルタリングソフトを使用すること

◆ 子どもがどのようにインターネットを使っているのかを把握すること

  が義務付けられました。

子どもが安全にパソコンを使うために

多発するネット犯罪:アメリカの対応

ネットの先進国であるアメリカでも、日本よりずっと以前から、アダルトサイト、児童ポルノ、MySpaceやFacebookをつかっての青少年への性犯罪などが社会問題となっていました。
このような事態を踏まえ、米国では法規制が整えられた他、多くの対策ソフトウェアが開発されました。

パームビーチ フロリダ州 

34歳の男が13歳の少女をオンラインで誘惑したとして逮捕された。男は少女の歳を知りながら、性的に露骨な会話をオンラインや電話で少女に行っていた。男は地元のラジオ局でDJをしており、その番組に少女がインスタントメッセージを送っていた時の情報を利用し少女に連絡を取ったことが最初のコンタクトのきっかけであった。男はSNS(My Space.com)やAOLを使い少女を誘惑しようと試みていたところ、少女の母が気付き、警察へ通報した。保安官が少女を装い男と交渉を続け。男が性的に露骨な指示や、性交渉への誘い、実際に会う手配などを行い逮捕となった。 (2006年8月)

サンタクルーズ、カリフォルニア州

27 歳の救急医療士の男が、14 歳の少女とMySpaceで出会い、AOL のチャット・ルームを利用しながらおよそ1ヶ月間交流。オンラインでの交 流期間中、少女は男の依頼によりヌード写真を送ったりしている。男がバンドのライブに少女を招待した際に電話番号を交換することから始まり、定期的なコンタクトが続いた後、男が少女を学校に迎えに行きランチ・デート。最終的に男の自宅での性交渉にいたった。少女の親戚が2人のオンラインでの交流を見つけ、警察に連絡、逮捕となった。サンタクルーズ高等裁判所において男は、少女への猥褻行為、児童ポルノ所持の罪を認めた。 (2006年8月)

ペンシルバニア州

43歳の男が、司法長官管轄下のChild Predator Unit の囮捜査により検挙される。男はYahoo のインターネットチャットルームとインスタントメッセージプログラムを使い、囮捜査中の捜査官(13 歳の少女を装う)にコンタクトを取り、性的な誘いを行った。会話の中で、男はファイル交換ソフトやウェブカメラを使い性器の写真を送信したり、ヌード写真を取るよう要求したり、性交渉のために実際に会うことを提案し逮捕となった。 (2006年7月)

テキサス州

19歳の男と14歳の少女がMySpaceを通じて知り合い、Eメイルや電話で連絡をある期間取り合った後、直接会った。その際の性交渉を少女側は性的虐待を受けたとし、ティーンエイジャー保護怠慢としてMySpace(および親会社のNews Corporation)相手に3千万ドルの訴訟を起こした。それに対し、加害者として告訴されている19歳の男は、性交渉は合意の元であり、少女が年齢を偽ってMySpace に登録できたという管理体制に対してMySpaceを相手に訴訟を起こすことを考慮中である。 (2006年5月)

コネティカット州

22歳の男が11 歳の少女の家に上がり込み、両親が寝ている間に性的虐待に及んだとして逮捕された。男はSNSウェブサイトで少女と知り合い、電話やウェブカメラでの会話を通じて少女との関係を築くことに成功していた。 (2006年3月)

フロリダ州

27歳の男が14歳の少年に性的虐待を加えようとしたとして逮捕された。男は16歳の少女になりすましてインターネット上で少年と知り合い、数週間にわたるチャットを通じて会う約束を取りつけていた。男は少年をだましてホテルに連れ込んだが、少年が自力で逃げ出すことに成功したため未遂に終わった。 (2006年5月)

ミネソタ州

21歳の男がインターネット上で14歳の少女と知り合い、2回にわたって性的関係を持ったとして逮捕された。養親が少女の様子が違うことに気づいて問いただし、警察に通報したために発覚した。男は性的虐待の前科があり州法に基づいて登録されていたが、最新の住所については届け出ていなかった。 (2006年6月)

アラバマ州

ニューヨーク在住34歳の男が、チャットルームで知り合った14歳の少女とチャットを通じて信頼関係を築き、直接会う機会を設けることに成功し、性的虐待に及んだ。 (2005年)

ニューヨーク州

55歳の男が幼い少女に性的虐待し、WEBカメラを通じてその模様を世界中の同好者仲間に配信した。性的虐待・ライブ配信は、事前に日時を同好者仲間に伝えてあった。 (2005年)

米国評価ランキングで10年連続No.1。日々新たに生まれる有害サイトをブロックできる、次世代フィルタリングソフト

インターネットフィルタリング
PCの有害サイトをブロックする

Net Nanny
インターネットフィルタリング

詳しくはこちら

ファイナルスマホセキュリティ
スマホの有害サイトをブロックする

ファイナル
スマホセキュリティ

詳しくはこちら